読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想文「四畳半神話体系」推薦理由・バームクー軒

 

 読書感想文企画も自分の推薦で一周となるんだけど、どうやら2週目もありそう。散々止めておいていうのも酷い話なんだけどね。

 あまり読書をしないので、課題図書を選ぼうにも選択肢が多くないし、手持ちの物も少ないので久々にブックオフを何軒も回りました。たまーに行くブックオフと図書館は凄く良いね。

 

 

 そんなこんなで苦労して用意した課題図書は、森見登美彦の代表作である四畳半神話体系です。

俺は基本的に気に入った作家の作品を読み続けるタイプなのですが、森見登美彦作品をいろいろ読むきっかけになった作品と言えばこの四畳半神話大系なのです。それまでには友達に勧められたリ、有頂天家族を読んで面白いなとは思っていたが、本格的に読みだしたのは四畳半神話大系のザ腐れ大学生的作風がツボに入ってからなのだ。まあ、同作のアニメの影響もあったけどね。

この話を読むと、あの糞みたいな大学生活や青春の1ページを思い出すのだ。

 

2人とも小説版は読んでないらしいし、他の森見作品の映画も公開していて時事ネタ的にも悪くないし、何よりあの糞みたいな学生生活を懐かしんでもらえたな、という思いでの推薦。どうよ?