読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩の様なもの19

白Ⅱ

●夜明け●

 

 冬の枯れ木の枝先が鋭く、白ばみ始めた午前六時の空に影さす。
 空気は青く清として冷たく、道路に配された街燈が明け始めた空に消えていく。
 道に人がちらほらと見え始めた。
 駅に足音が聞こえ始める。
 街が起きる兆しが其処こちに現れる。
 一日一日はこうして始まる。それが積み重なって一年になる。
 年の瀬の冬空に欠けた月が沈む夜明け。
 繰り返す日々が時間を織りなす。
 時の流れは瞬く間に進む。
 気がつけば十年が経っていた。次の十年でどこまでいけるだろうか?
 問いかけが肺に沈み吐く息で空気に溶けた。
 白く霧散する。
 夜明けの空は澄み、過ぎた日々を拭きとる。
 新しい日が始まる。
 夜が明ける。