読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バームクー軒ラーメン日記16

バームクー軒

 

 人間やってはいけない事をやってしまう事ってたまーにあるよね。夜寝る直前に甘いもの食べちゃったり、1日に2杯もラーメンを食べちゃったりね。ダメだとわかっているんだけど、結局は食べちゃうんだよなー。

 

 

その日はコミケの直前に3人で集まれる最後の機会でファミレスで最終調整しようということになっていたので、半ば強引にラーメンをねじ込ませてもらったのだった。

ラーメンウォーカーのクーポンで全員の上に味玉が乗るので、久々に要町の中華そばしながわ。池袋で待ち合わせて歩いて要町に行くはずが、一人は寝坊と路線の関係で直接要町に行くことに。徒歩組はアンチTシャツの話でもしながら要町に向かいましたとさ。

しながわは池袋の超有名店であるBASSOドリルマンの系列で、ドリルマンとは違い濃厚系ではないラーメンをメインに据えているお店である。中華そば、煮干しそば、煮干しつけそばのようなラインナップであっさりしたラーメン中心のようにも思えるが、食べた印象はそうではない。清湯のスープだが、オイリーというほどではないがこってりしているし、出汁のうまみもたっぷり、足回りも硬くて味のベースがどっしりしていて食べていて安心感と満足感がある。個人的にはドリルマンより好きかも知れない。味玉は少ししょっぱかったかな。

 

美味しくラーメンを食べた後は野暮用があったので一旦抜けて、一時帰宅し2人への夏コミ用の差し入れを持参してファミレスで合流。したのだが、そこではコミケ初心者に対してどういった準備をすればいいのか説明している友人に対して、もう一人の方が会場でテロに合う可能性はどれくらいか?もし遭遇したらどうすれば良いのか?を問いただし続けていると言う死ぬほど不毛かつ地獄のようなな惨状が繰り広げられていたのだった。本当、カムカムハルマゲドン症候群の人はしょうがないよね。しかも、4時間はあったはずなのに当日はどうやって合流するのかについて一切相談していなくて、流石に白目剥いて泡を吹き出しそうになりましたよ。ま、俺氏は当日仕事で行けないから別に良いんだけどね。

その後、本当に最低限の事だけを決めて解散。当日は良くも悪くも特に何もなかったそうだけど、今から思うと良かったよ、本当に。

 

解散後はちょっと池袋で遊んで気が付くと10時前。おなかは空いたが家には何も無い。そう思うと、急に食べてたくなるのである。ラーメンが。これがデブの悲しい定めなのか、美味しいラーメンを食べるとまたすぐに食べたくなってしまう。デブ!デブ!デブ!

何か満足感の高いやつが食べたかったので、要町のがっつり系で駅からしながわの反対方向にあるいつきに行くことに。

実は、二郎系やがっつり系に関しては詳しくないのであまり多くを語れないのだが、ここの中盛りヤサイの量って個人的には丁度良くて好きである。スープは乳化しててこってりでもやしに良く合う。サラサラっと美味しく完食。このギリギリ余裕を残して食べきる満足感。幸せである。明日の事はわからないデブ。

f:id:wakimiti:20161012012345j:plain

f:id:wakimiti:20161012012435j:plain