読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩のようなもの15

●詩を作ると言うこと●

 

 急に詩を書きたくなって、お気に入りの音楽を再生した。
 イヤホンから流れる音に身を委ね。あふれるままに言葉を紡ぐ。
 青い言葉達。
 夜のしじまの様な韻律で語る。
 音楽がないはずの詩に音楽を聴く。
 切なくなるような、懐かしさ。
 それを描こうと試みる。
 この白紙の上に、幻想を現す。
 誰かが歌っている。
 この詩を。
 かすれた、しかし、透明感のある声で。
 アコースティックギターの弾き語り。
 それだけで十分だ。
 幻想を描くには、それで十分だ。
 雨が降り出す前の、空気が冷たくなっていく感覚を言葉に落とし込みたくて目を閉じ、耳を澄まし、言葉を探す。
 蒼い言葉達が冷たい空気に溶けて吸い込むたびに肺に落ち、吐き出す時に言葉になればいい。
 透明な言葉達を取りこぼさないように、メモ帳に書き込んでいく。
 ペンが澄んだ水に触れるように紙に詩を紡ぐ。
 これでいい。
 これでいい。
 蒼い言葉達は紙の上で仄かに冷たく光り、その数節を口ずさむと、秋の高い空の下に吹く冷たい風を感じられた。
 詩を作ると言う事。
 私にとってそれは幻想を再演することに等しい。
 この幻想を閉じ込めて。
 詩を紡ぐ。
 空気の清とした冷たさを文字にすること。
 それが詩を作ると言う事。
 それが私の喜び。