読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バームクー軒ラーメン日記14

 今年はまだそんなに暑くないなーとか思っていたのだが、気が付けば夜中に起きてクーラーのスイッチを押しなおす日々を送っている。ただの炭酸水を飲みまくり、禁じ手にしていた除湿も再開。もはや完全にいつもの夏が真っ盛りである。

 

 

 そんなくそ暑い夏の食べ物と言えば、かき氷やアイスやスイカやそうめんなどがあり、ラーメンで最近は冷やし系が人気だけど、忘れてはいけないものとして鰻がある。昨今の凄まじい値上がりでさっぱり食べる機会が無くなってしまったけど、年に一度くらいは食べたいものである。

 その鰻がラーメンと食べられる!という衝撃の新店情報をキャッチした俺氏は丑の日に合わせて日程を調整していたのだが、前日にまさかの臨時休業の情報を知り泣く泣く断念となった。しかし、そうそう簡単にも諦められなかったので後日に友人と日程を合わせて行ってきましたよ。

 

 この日もそこまででは無いとは言え夏らしい陽気、川口までチャリで飛ばしたので汗がかなり。もう夏にデブの罪で逮捕されないか冷や冷やである。汗は止まらんが。

 今回のお店は自家製麺竜葵。なんでも蕨の葵の二号店らしい。お店は結構わかりにくい場所にあるかも知れない。そごうの近くとはいえ、殆ど繁華街の裏路地みたいな場所にある。

 お店に入ってメニューを見ると衝撃の文章を発見。平日ランチが1000円。ラーメン屋で1000円は高くないか?と思うだろうけど、このランチはラーメン+ひつまぶしのセットなのだ。むしろ、とんでもなく安い。ついでに和え玉の文字が見えてしまったので欲張り和え玉。

 他のメニューに気を取られてしまったけど、メインのラーメンは凄く鳥を主張してくる塩清湯で美味い。塩気が薄いなんてことは全然無いのにそこを抑えて鳥が主張してくるなんて中々。醤油が無くて塩と台湾まぜそばが基本メニューだったのだけど、理由はその辺もあるのかも知れない。和え玉は意外に量が多くて普段ならうれしいところだが、ひつまぶしの事を考えると欲張りすぎたかも。また、ラーメンを食べる段階でスープを飲みすぎていたのか、ひつまぶしの事を考えるとじゃぶじゃぶスープが使えなかったのは反省点。やっぱり、欲張りすぎはよくない。

そしてお待ちかねのひつまぶし。まずは鰻だけで一口。一年ぶりの再会。旨し。そしてスープをかけてひつまぶしに。鳥のスープと鰻がぶつかって喧嘩したらどうしようかと思ったが、そこは鳥のやさしさ。ぎりぎりのラインで美味しいひつまぶしに仕上げてくれる。匂いの方もワサビとネギが取り持ってくれるから安心。のはずだったが、個人的には全部入れると逆にワサビとネギが強すぎるかなーと少し。

 

 そんなこんなでラーメンとひつまぶしを堪能出来て大満足でしたが、これは見間違いかもしれないが、なんかそごうとおんなじ建物の中にパチ屋があったような。見間違いじゃなければ、プライドもあれも無いんかな、なんだが。

f:id:wakimiti:20160824225803j:plain

f:id:wakimiti:20160824225855j:plain