読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩のようなもの13

白Ⅱ

 ●夏の終わりに●

 

 

 夏の空気に冷たい風が混じり始めた。
 蝉の鳴き声が消えていった。
 肌にまとわりつく湿気がいつの間にかなくなっていた。
 夕日が速く沈む。
 夏が終わる兆しがそここちに現れた。
 大きな雲は何処に行ったのだろう?
 太陽の照りつける陽射は?
 美しい夜の月は?
 夏は拭きとられたようにその足跡を消して行った。
 音も無く。
 私は忘れ物をした気分になった。
 この夏のどこかに私が手に入れなければならない何かがあった。
 そんな確信。
 しかし、夏は終わってしまった。
 もう戻れない。
 夏が輝いて見えるのはそのせいかも知れない。
 手に入れ損なった何かが私を呼んでいる。
 夏は宝を隠している。
 そんな予感が夏に色を与える。
 祭の後の寂しさが、何度目かの郷愁を沸き立たせる。
 夏が終わる。
 私は来年も取り逃がすのだろうか?
 決してたどりつけない虹の端を追うように。
 伸ばし手が空をつかむ。
 それでも私は追うだろう。
 夏の隠しもつ予感はいつも輝いているのだから。