読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩のようなもの12

●青い夕方●

 


 冷たいカラスがかぁかぁと鳴いている。
 空気はそのたびに冷たくなっていった。
 空は青白い。
 夕方だと言うのに雲のせいで太陽は見えない。
 今にも雨が降りそうだった。
 青い夕方。
 冷たいカラスがかぁかぁと鳴いている。
 こんな日は、傘を持たずに散歩したい。
 夜明け前の様に静かな街に降りて行って。
 夜が来る前に。
 雨が降る前に。
 貌を変えた街に迷い込むのだ。
 カラスたちが空の影の様に黒く黒く飛んでいく。
 かぁかぁと鳴くたびに空気が冷えていく。
 冷たいカラス。
 見慣れたはずの見知らぬ景色。
 青い迷路。
 住宅街は森。
 高層ビルは墓標に見える。
 黒と青の迷路街。
 カラスたちはそれを俯瞰するだろう。
 人間たちの作り上げた、秩序だった混沌の集積を。
 それを見てカラスたちは無表情に鳴く。
 かぁかぁと鳴いている。
 街はそのたびに青く冷たい空気に沈んでいく。
 冷たいカラスが鳴いている。
 かぁかぁと鳴いている。
 夜にカラスが溶けるまで、それは続くだろう。