読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バームクー軒ラーメン日記10

 

 ついに10軒目。他人には凄くどうでもいい話だろうが、思いの外いろんな労力がかかった。毎日欠かさずに、ラーメンのブログや食レポあげてる人はマジ凄いなあと思いましたよ。

 

 

 しかし、物事ってのは思った通りに運ばない。自分がもっとタフな人間なら、予期せぬ出来事やトラブルなんかを楽しめるんだけどなー。変わらないのはこの非常な現実だけなのか。本来、書こうと思っていた記事はおじゃんになり、GWの楽しい思い出は別の機会に譲らねばならなくなったのでネタが無い。

 今週は某ラーメン店に友人を連行し○郎を初体験させた話を書く予定だったが、いかんせん連れて行った本人が楽しめなかったからしょうがないよね。同系列の少ないところ比較すると1・5倍はあるんじゃないかって量もきつかったが、期待ほど美味しいと思えなかったのも辛かった。油とニンニクが主張しすぎ。何とか完食はしたが友人と二人、目が死んでいた。無論、初○郎に苦しむ友人を煽る計画は水泡に帰したのだ。誰かが笑って落ちをつけてくれれば、この思い出もあの日の楽しい記憶になる、と良いな。

 

 代わりのピンチヒッターに選んだのはこの店、東中野のつけ麺しろぼし。なんでも元力士さんがやってて、豚魚のつけ麺とちゃんこを融合させたつけ麺を提供してくれる。お店の名前はげんを担いでなんだね。

 このお店、最初にチェックしたのは母で、店の前を通るたびに美味しそうな匂いがするのでついに我慢出来ない日が来てしまったのだとか。そんな母に連れられてつけ麺を食べましたよ。家から遠いから何度か渋っていたが、チャリならいうほどは遠くなかった。

肝心の味は、ちゃんことの融合の結果なのか魚介寄りで結構あっさりした味で美味しい。ベースで付いてくる野菜にもよく合うし、ゆずがついてくるのもうれしいよね。後、肉団子が美味しかった。よくあるような出汁殻団子みないなやつじゃなく、しっかり味のあるこの肉団子は元力士の面目躍如か。

他に無い味だし、休日は地元民らしき人でそこそこの入りで悪くない感じだった。頑張って生き残ってほしい。

 

ちな、この記事の味に関する話は店が近いらしい友人と再訪した時のものから。友人は辛つけ麺の方が好きらしい。個人的にはベース。ラーメンも悪くない。

f:id:wakimiti:20160528224059j:plain