読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩のようなもの1

■私の本■

 まだどこにもない本を私は探している。
 まだ誰のものでもない本を私は探している。
 それはどんな大きな図書館にも、街中の本屋にもない本。
 私はそれを探している。
 たまにそれは見つからないのではないかとも思う。
 けれど、諦めずに探していると手がかりを見つけることができる。
 それは秋の空の清々しさ。
 それは冬に近づく夜の風の冷たさ。
 それはキンモクセイのかおり。
 それは偉人たちの格言。
 それは世界の秘密を記した謎めいた数式。
 そういったものを見るとき、私の中にあるその本が、少しだけ、その重いページを開くのだ。
 だから諦めてはならない。
 私は今日もそれを探す。
 まだ、書かれぬ私の本を探す。